トップ / 麻酔科の仕事内容に関して

麻酔科の仕事内容に関して

麻酔科の役割りとは

予備校

麻酔科の有用性について

大きな総合病院には、麻酔科という科があります。この科の大きな役目は、手術を行う場合に患者に麻酔を掛け、経過を把握しながら麻酔量を調整し、手術が順調に進めようにする仕事です。手術中の麻酔量により患者の生死にも影響を与える重要な仕儀とです。手術後の集中治療室での患者の全身管理や救急医療も守備範囲です。その他には、ペインクリニックという名前があるように痛みの緩和治療を担当しています。末期がんなどの緩和医療も麻酔科が担当します。馴染みが低い科でありますが患者にとって重要な仕事をしています。

麻酔科は徹底した管理が必要

麻酔科はその名の通り、麻酔を管理していますが実は管理するのは難しいのです。何故なら目分量がとても大切だからです。同じ麻酔を使用するとしても、その人の身長や体重だけでなく病気の症状や体質でも目分量を調整しなければなりません。大体の目分量だと場合によっては、体に障害が残る時があります。それによって人生設計が狂ったら堪ったものではありません。麻酔科の人は何より責任感が求められます。それに加え、何度も確認しミスをゼロにする強い意志も欠かせません。

↑PAGE TOP