トップ / 医師の業種は分けられる

医師の業種は分けられる

医師の業種に関して

予備校

医師の様々な業種について

医師の業種には基礎医学を研究する研究医と、病気の予防や治療、リハビリをする臨床医に分けられます。今でも、原因や治療法が不明の病気が多く残っていて、その病気を解明するために、大学や病院で専門的な研究をしている医者の事を研究医といいます。臨床医の医師の業種はさらに病院や診療所に勤める勤務医と、医院や診療所を自分で経営する開業医に分かれています。勤務医は大学病院、一般病院などに勤務していて、経験を積んで開業医になることが多いです。

医師の業種とスキルアップ

医師の活躍する現場は、全国各地に広がってきており、それぞれの得意とする業種に積極的にチャレンジをすることが勧められます。大手の医療法人や大学病院などでの経験を持つ人であれば、転職先においても経験を活かすことができ、長期的にキャリア形成を果たすうえでも好ましい状況にあります。医師の専門性の高さと業種との関係性については、今や様々な場面で取り上げられており、各医療機関内でのスキルアップの方法をきちんと理解することが望まれます。

↑PAGE TOP