トップ / 医師が病院を掛け持ちする

医師が病院を掛け持ちする

医師の副業に関して

予備校

医師がバイトをする理由

普通のサラリーマンであれば、副業禁止の規定があるので、バイトをする事ができません。しかし、医師の場合には複数の病院を掛け持ちするバイトは、良くある話です。高額所得の仕事のひとつですが、わざわざバイトをするというのはいくつかの理由があります。それは収入を増やしたい、という金銭的な理由だけでなく、より多くの症例を見ることで経験を積みたい、様々な現場で働くことで人脈を広げたいということもあります。それに、常勤の医師として働く場合には、ほとんど休みなく働くということもあり、過労で倒れることもあります。特に地方の人手不足の病院、科目であれば、その労働量はかなり重いです。しかし、非常勤となれば、自分で仕事を選ぶ事ができますから、体に負担がない範囲で働くことが出来ます。これから子育てをしたいという場合にも、時間を作ることが出来るのです。もちろん、不安定な働き方ですから、将来の不安はあります。その点で、人脈作りをして雇ってもらえるように、積極的に動ける性格であることが最適です。

医者がアルバイトをする理由

医師がバイトをするイメージはありませんが、実際には多くの人がしています。雇用先の病院によって就業規則が違いますから、一概にいえませんがバイトを許可している病院は多くあります。一番の理由は、やはり収入がアップ出来るからです。特に、大学で勤務医をしている人は一般の病院の勤務医より収入が少なくその点に不満を感じて、収入アップの為に働く人も少なくありません。その他の理由では、収入をアップするだけではなく医師としてスキルアップの為にバイトを行う人も少なくありません。日頃常駐している病院では治療出来ない症例を扱う事が出来るので、多くの経験を積む事が出来てスキルアップにも繋がります。また、女医の場合には、出産後に仕事に復帰する場合に行う事もよくあります。また、開業しようとしている人も、資金を貯める為に行う場合も多くあります。働く人が不足している為に多くの求人先がありますから自分の希望する求人も見付けやすいです。

↑PAGE TOP