トップ / 医師にとって重要な体力

医師にとって重要な体力

医師には体力が必要

予備校

医師は体力が必要です

医師といえば、一生懸命勉強した頭がいい人がなるという印象が強いですが、勉強ができる頭の良さと同時に、人並み以上の十分な体力も必要になります。手術が多い科に属すれば、1日数件の手術が何日も続き、手術が無いときは論文を書いたり、回診に行ったりと、基本的に休みなく働き続けることになります。もちろん、医師は患者の命を救いたいという気持ちも非常に大切ですが、それと同時に体力も無いとやっていけない職業とも言えます。

体力の変調を感じたら医師の診察

人間は体力が資本です。医師も同じです。どんなに経済力や知識が豊富であろうと、病気がちであればパフォーマンスを十全に引き出すことはできません。普段から健康に自信がある人でも、病というものは静かに忍び寄るものです。常日頃から油断をすることなく、定期検診なども利用することが賢明です。また、体力が落ちたなど、些細な変化も軽んじることなく、きちんと診察を受けるべきです。健康は一度崩すと、なかなか元に戻るものではありません。医師も注意深く、毎日を送っていきましょう。

↑PAGE TOP