トップ / 医師になるなら医学部へ

医師になるなら医学部へ

医師になるために

予備校

医学部に入るためには

医師になる方法は限られています。医師国家試験に合格しなければなりません。この試験自体は合格率が9割ほどであるため、難しくはありません。しかし、その受験資格を受けるための前提である医学部に入学することが難しいです。学部別に見れば、一番難しく競争率が高い学部と言えるでしょう。実際、上位校ではなくても、他学部であれば最難関学部並みの学力を要求されます。なぜ競争が激しいかと言えば、社会的ステータスの高さが理由と言えます。近年、就職難の時代になっており、必ずしも高学歴の人が安定した職を得られない時代です。

医者になるということ

医者になることができれば、平均年収を大きく上回る安定した収入を得られます。人の命を預かる、大きな責任を持つ職業であるため、簡単に勤まる仕事ではありませんが、その分報酬は大きいです。また、そのことがやりがいを感じられる仕事でもあります。以上のような理由から、医学部に入学することも大変となっています。ただ、医師になる方法はそれしかないので、目指すためにはまず合格しなければなりません。なってからも人の命を預かる以上、責任をもって職務を全うする必要があります。

↑PAGE TOP