トップ / 救急患者と医師について

救急患者と医師について

医師と救急の情報

予備校

救急で医師に診てもらう

深夜に突然具合が悪くなったりしたときには救急で医師に診てもらうことによって、状態が悪化することを防ぐことが可能になります。まず、救急で診てくれる医師がいる病院を探しましょう。その際、対応してもらえるかどうか電話をして確認することによって、確実に診てもらうことが可能になります。そして、病院で診てもらった後は指示に従うことが必要です。また、医師は救急の患者でも焦ることなく適切に診断することが大切です。

医師の救急患者への対応

医師が救急車から運ばれてくる患者の対応をすると、患者の診察と治療につながる、患者の家族に感謝されるなどの長所があります。例えば熱中症の患者が来た際は、診察をした後に点滴をつければ治療終了です。すると、適切な治療ができたことから、救急車に乗って来た患者の家族にお礼を言われます。短所は手術の必要な患者だった時は忙しくなることです。ただ、手術を見事に成功させると、患者の家族だけでなく病院側からも称賛されます。

↑PAGE TOP